スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「参考になった」と思ったらクリックをお願いします(ランキング)

検索エンジンが向かうところ

先週にYahooの検索エンジンに大きな変更があったみたいですね。
個人的にはほとんど影響はなかったみたいですけど、
アフィリエイト関係でやられているサイトが多いみたいです。

何のために検索エンジンがアルゴリズムを調整しているのかを考えると、
「検索ワードに対して最適なページを表示させる」ことですよね?
では、「最適なページ」って何だろうって考えると、
個人的には「一次情報のページ」だと思うんです。
つまり、そのワードの「公式な説明があるところ」を
探しているんだと思います。

だから、結果的にアフィリエイトサイトは不利になるんでは?

逆の見方をすればバイラルマーケティングをしている企業は
非常に有利になっているかと思います。
(そもそも、バイラルマーケティングをしている企業は、)
(超有名企業ばかりだから、あまり関係ないかなw)

結局、今回も「オリジナル情報が強い」という基本を
再確認した現象だと思います。

参考:
アフィリエイト 冬の時代か!?
SEOとウェブ人間論
スポンサーサイト


「参考になった」と思ったらクリックをお願いします(ランキング)

テーマ:アクセスアップ - ジャンル:アフィリエイト

Googleからプレゼント 2006年版

去年に引き続き今年もグーグルからプレゼントが届きました。

去年は3段階ぐらいで内容が微妙に違っていたけど、
今年は一種類みたい。

デジタルフォトフレームというものがあるのを
これではじめて知ったけど、なかなかいい感じ。

でも、使うのはちょっともったいないな。

参考
http://www2.pimpmyspace.org/google-digital-photo-frame.html



「参考になった」と思ったらクリックをお願いします(ランキング)

テーマ:アフィリエイト - ジャンル:アフィリエイト

検索エンジンは類語辞典を持っている?

お客さんのサイトで、訪問者が入力した
検索ワードがまったく入っていないのに検索エンジンに
ヒットしている現象があった。
(ページだけでなくサイト丸ごとどこにも入っていない)

もちろん、アンカーテキストにも入っていない。
(というか、公開したばかりだから被リンク数は2つぐらい)

具体的に言うと、住所で検索して隣町のキーワードでも
ヒットしているんですよ。

ヤフーは地名に関しては昔からカテゴリ検索で小細工をしていたから
言われてみれば、このくらいの芸当はしていて当然ですね。

これを逆手にとれば、いくつかアイデアが閃きますね。
(マッチングの優先順位は低いだろうからわかりやすい効果は無理だけど)


「参考になった」と思ったらクリックをお願いします(ランキング)

«  | HOME |  »

プロフィール

ストリバ

名刺代わりのブログ

カテゴリー

ブログ内検索

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

RSSリンク

巡回サイト

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。