スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「参考になった」と思ったらクリックをお願いします(ランキング)

1年のまとめ

今年もアドセンスに頼りっぱなし。
1年間で3万ドルちょっと。でもクリスマスプレゼントはなかったorz

物販を中心にしてもほったらかしが可能な仕組みが思い浮かばす。
PPCを連動させてやらなければいけないのか?

今年の大きな成果は、資産になりうるサイトがひとつできたこと。
オリジナルの情報蓄積型のサイトは強いと思った。

SEOに関しては、特に浮き沈みもなく1年を通して安定していました。

来年の予定
1月1日~ 本業の社長ブログを開始する(厳密には個人事業主だけど)
1月 本業で新しいサービスを立ち上げる。
2~3月 ぐるナビと同じビジネスモデルのサイトをニッチな業界で立ち上げる
4月以降は未定。PHPの勉強ができたらいいな

来年もよろしく。
スポンサーサイト


「参考になった」と思ったらクリックをお願いします(ランキング)

現代の奴隷

興味深い言葉を見つけたのでコピペ

----------------

奴隷は、奴隷の境遇に慣れ過ぎると、驚いた事に
自分の足を繋いでいる鎖の自慢をお互いに始める。
どっちの鎖が光ってて重そうで高価か、などと。
そして鎖に繋がれていない自由人を嘲笑さえする。
だが奴隷達を繋いでいるのは実は同じたった1本の鎖に過ぎない。
そして奴隷はどこまでも奴隷に過ぎない。
過去の奴隷は、自由人が力によって征服され、やむなく奴隷に身を落とした。
彼らは、一部の甘やかされた特権者を除けば、奴隷になっても決してその
精神の自由までをも譲り渡すことはなかった。
その血族の誇り、父祖の文明の偉大さを忘れず、隙あらば逃亡し、あるいは
反乱を起こして、労働に鍛え抜かれた肉体によって、肥え太った主人を
血祭りにあげた。
現代の奴隷は、自ら進んで奴隷の衣服を着、首に屈辱のヒモを巻き付ける。
そして、何より驚くべきことに、現代の奴隷は、自らが奴隷であることに
気付いてすらいない。それどころか彼らは、奴隷であることの中に自らの
唯一の誇りを見い出しさえしている。
             (リロイ・ジョーンズ 1968年、NYハーレムにて)

「参考になった」と思ったらクリックをお願いします(ランキング)

«  | HOME |  »

プロフィール

ストリバ

名刺代わりのブログ

カテゴリー

ブログ内検索

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

RSSリンク

巡回サイト

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。