スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「参考になった」と思ったらクリックをお願いします(ランキング)

LS大見本市の座談会について

昨日のリンクシェア大見本市に行ってきました。
ファッションショーをやったりしてだんだん華やかになって来ましたね。
個人的には、ビックサイトでやるようなBtoBのイベントのように、
もっとビジネスライクな雰囲気が好きなんですけど。

さて、座談会のテーマに少々疑問を感じています。
趣旨は「レビューを書いてアフィリエイトをしよう」という
ことだと思うんです。そのためのノウハウを教えますよ、と。

この趣旨と実際の中身は合っていると思いました。
僕自身はレビューは書かないんですが、
レビューを書いている人にとっては有意義な内容だと思いました。

ただし、大前提としてアフィリエイトをやると言うことは、
収入を期待していると思うんです。
率直に言うとお金が欲しいからやっていると思うんです。
決して、レビューを書きたいからアフィリエイトを
やっているわけではないですよね。
(レビューを書きたいだけならアフィリリンクを張るな)

収入を期待しているなら、時間対効果を考えるはずなんです。
どうせ何らかの作業をやるなら、お金をいっぱいもらいたいですよね?
ECの視点でもLSの視点でも、アフィリエイターが儲けるということは、
その裏側でECもLSも儲かっているということですよね。
そうなると、効率よく儲ける方法を企画して教えたほうが
みんなのためになると思うんです。

それをあえてレビューの書き方講座をするのがわからなかった。
数時間かけていい記事になったかもしれないけど、
あの記事からどれくらいの収入が期待できるかを考えると
ちょっと微妙です。
読む人が3000人、クリック率10%、コンバージョン率が10%として
報酬2%、単価10000円で6000円。
かなりいい条件で計算してもこれくらいにしかならないとなると・・・。

あの企画がきっかけで100人が10本の記事を書くと1000本のレビューができて、
1本あたり500円の報酬で500,000円。2%の料率で売り上げは2500万円。
売り上げの3%がLSの取り分だとすると、75万円。
3倍として考えても、準備や労力、かかわった人数を考慮すると、
LSの視点でもそれほどおいしい企画とは思えない。


唯一、救われたのが、うかさんが最後のほうで
「ひとつの商品のレビューだけでヤフーに登録されたました」
と言っていたので、これを応用する余地はあるということですね。
(うかさんのレベルになるにはかなり大変だと思うけど。)

僕が座談会の企画を立てるなら、誰かのサイトを
犠牲にして「○○さんのサイト大解剖」とかいって、
儲かる秘密を暴くようにレクチャーするようなことがしたいですね。
まぁ、誰も犠牲者になりたくないので企画倒れだと思いますけどw

有料SEOセミナーに関しては誰かが重箱の隅をつついていると思うので
検索してみてください。僕の感想は「1000円返せ」

スポンサーサイト


「参考になった」と思ったらクリックをお願いします(ランキング)

テーマ:アフィリエイト - ジャンル:アフィリエイト

コメント

なかなか厳しい批評ですね。
僕は見本市に参加したことがないので分かりませんが、外から見ていてお祭り化している印象は受けます。

「同じ阿呆なら踊らにゃ損々」

で余計に参加したい思いに駆られますw

僕は批判しかできないタイプなのでw
でも、批判をしているということは、期待をしているという風に
解釈をしてもらえるとありがたいです。
他の部分ではコメントをする気にもなれないことも多々あるので。

見本市はお祭りですよ。楽しんだ人が勝ちです。
この場でビジネスの取引ができるとは誰も思っていないでしょう?
スーパーな方ならばEC担当者と密な話もできるかな?

きっかけとしてはよろしい事だと思いますよ
HTML分からなくてもブログだけでやっている方も多いです

要はどんなコンテンツを作るか、がミソだったりするわけですが
まだまだ勉強中であります

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tande.blog19.fc2.com/tb.php/149-9d85c622
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

ストリバ

名刺代わりのブログ

カテゴリー

ブログ内検索

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

RSSリンク

巡回サイト

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。